ダイエットに合う

脂肪吸引とダイエットの話題も最後です。テーマは、脂肪吸引はダイエットに向いているということです。この理由は、身体には、細胞の数が決められています。その細胞の中に多くの脂肪細胞を含むことで、ぽっちゃりになったり、太ることになるのです。そこで、食事療法や運動で痩せても、細胞の中に脂肪が少なくなった状態で、さらに食べ過ぎると、細胞の中に脂肪が多くなることになります。

そこで、脂肪吸引は脂肪を吸引することで細胞を減らし、さらにはたるんだ皮膚を削除することにより、見た目にもバランスが取れるのです。もちろん、脂肪吸引して食べ過ぎると、細胞に脂肪が増えて太る結果にはなるのですが、細胞の数を減らしていることが、長所なのです。もちろん、感染症や多量出血の恐れもありますので、死亡という危険がない訳でもないのです。

しかし、他のダイエットでは細胞を減らすことは出来ないのです。身体の中にある細胞の数を減らせることが出来ることが、ダイエットにつながるのです。それを理解すると、身体にメスを入れて危険と思いがちでも、多くの方が体験している状況ですので、怖い手術でもない訳です。しかし、入院や行動制限もありますので、医師との相談を行いながらの脂肪吸引をお薦めします。

身体が不自然になる

脂肪吸引を行うと、身体が不自然になる場合もあります。先にあげました、脂肪吸引が多量だった場合に、重さで2kgになりますから、重さはそうでなくても、脂肪吸引した部分がへこんでいたり不自然になると、身体のデザインがおかしく感じます。おかしいと本人も感じると、自然と自信もなくなってきます。

そこで、今では1日だけの脂肪吸引や、吸引する量が少なめなソフトな脂肪吸引、激しく吸引する脂肪吸引もあります。そこで、用途に合わせて利用していただきたいものです。

また、身体がデコボコになる場合もあります。脂肪が薄い層、中位な層、厚い層の3つに分かれていますので、医師の技術力が必要ともいえます。また、たるんで老けた状態になる場合もあるのです。手術の料金も、高いものから、低いものまで様々ですが、信頼のおける医師や評判の良い医師に頼ることをお薦めします。

さらに、脂肪を取り除いた分、皮膚が余ってしまって皮膚を削除する必要も出てきます。それから、皮膚が安定するまでには時間がかかる場合もあります。当初、あざがあることがありますが、次第に消えます。やはり、身体にメスを入れる分、回復するまでに時間がかかります。このように話すと、脂肪吸引は止めようと考えがちですが、そうでもないです。