脂肪を分解し吸引

脂肪吸引とは、身体の一部に穴を開けて、その穴を通じて掃除機で身体を掃除するかのように、脂肪を吸引することです。しかし、簡単に吸引できる訳でもないです。脂肪細胞を破壊して、吸引しやすい状態にしてから吸引することになります。また、火傷や皮膚を傷つける危険もあります。

そこで、以前であれば超音波をあてて細胞を壊して、脂肪を吸引することでしたが、今は違う機械もあるのです。皮膚の表面から超音波をあてる場合や、レーザー光をあてる場合とあるのです。最近のものでは、吸引する管のところに勢いのある水が出たり、振動が出るなどして、身体に優しくに気を配った機械が出ています。

身体に優しい分、吸引する量も低くなった訳でもなく増しています。身体に優しい脂肪吸引だから大丈夫と思う人がいるかもしれませんが、まだまだリスクが伴います。また、個人の身体にもよる場合もあります。要は、身体にメスを入れる訳ですから、全くリスクが無い訳ではないのです。それを考えると、医師との相談が重要ですので、大事にして欲しいです。さらに、脂肪を吸引したことで、皮膚がたれることがあります。皮膚がたれてくると、見た目に不自然になります。そこで、事前の確認が必要になってきます。