肥満のもたらす健康と美容被害

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

デブあなたは、痩せていますか?太っていますか?なかなかその基準は難しく、見た目だけでは判断できないものです。そもそも肥満とは、身体の中で脂肪の占める割合、つまり体脂肪率が高い状態のことを指します。成人男性なら体重の15から20%が脂肪であり、成人女性なら体脂肪率は20%から25%が正常で、30%以上なら要注意です。

体脂肪率を自宅ではかれない場合は、もっと簡単に身長と体重から計算することもできます。 BMIといって体重を身長の2乗で割ることで算出できます。BMIは22.2であるときが最も死亡率が低くなるので、22が標準体重であり目標とされることが多いです。そして、25以上の状態を肥満と呼び、それ以上になると著しく健康を害していることになります。

太っている人に多いのが、日々の食事のバランスの悪さと野菜不足です。野菜が不足すると風邪を引きやすくなったり、神経質になったりと、自分にも他人にもマイナスなことばかりです。更に、美容面から見ても植物から摂取できるビタミンやミネラル等の栄養素が不足することで肌荒れを引き起こす原因になります。必要以上の体重増加は健康だけでなく美容や精神衛生場も良くないのです

痩せることは美容と健康の両方に良い

痩せることは美容と健康の両方にとても良いことです。太っていると体の代謝が悪く、運動不足になりがちのため、どうしても老けて見られ易くなってしまいます。多くの場合、痩せれば、それだけでも若く見られることでしょう。そして、代謝が良くなるので、美肌の効果も期待できます。勿論、体型自体が綺麗になるのは言うまでもない事実です。

体重の重さは足腰に負担をきたすので、腰痛や膝の関節痛にもなり易くなります。腰痛などを持っている人は痩せることで大幅に痛みを軽減できることでしょう。ダイエットをするには、強い意志と長期間に渡る継続が必要です。一時的にダイエットをしても、元に戻せばすぐに戻ってしまうので、食習慣を始めとする生活習慣全体を改善する必要があります。そして、ダイエットが成功した後もそのままの食事制限を続けていかなければならないと考えた方がいいです。さもなければ、一時的に体重が落ちても、すぐに戻ってしまいます。

最悪のケースではリバウンドして太ってしまうので、ダイエットをした意味がなくなってしまうので注意しましょう。但し、ダイエット自体は目的ではないので、過度に体に負担をかけるのは良くありません。完全なる絶食や偏食は健康と美容を害する原因にもなりますので、行なわない方がいいです。あくまでも、長期間続けられる良い生活習慣に直していくのがダイエットだと思った方がいいです

肥満に気を付けること

最近の食事は栄養管理がきちんとされているものが多いです。栄養に気を使う人も多いので、ファミレスなどの外食産業も健康志向の食事が多くなってきています。しかし、その中でファーストフードなどの栄養管理があまりされていなくても手軽に早く食べられる食事も多くなり、太らないように気をつけなければいけないのも事実です。

食事中でも、ただ体重が増えただけではなく肥満に近づいてきているようであれば要注意です。一度肥満体型になってしまうと痩せるための努力すらあきらめてしまうことが多いので、そうなる前に見直していくことが大事です。運動不足、不規則な食事など見直していかなければいけない点はいくつかあると思いますが、暴飲暴食をやめることも大事です

特にビールが好きな人というのはビールのカロリーのほかにおつまみなどでもカロリーを余分に取ってしまいがちです。飲むのも夜が多いので、脂肪は付きやすくなります。太ってしまうと見かけが悪いだけでなく、健康にも影響が出てきてしまいます。自分でなかなか気を付けられないときは周りにも注意してもらうといいでしょう。周りの食生活が健康的なものになると、自分も影響されて健康志向になりやすいと思います

効果的なダイエットと強い心

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

パソコン現在、インターネットの普及のおかげで沢山のダイエット方法や口コミを見る事が出来ますが成果を出のに一番効果的な方法とは何なのでしょうか。実際、私も何度も挑戦をしましたが、結果的にはリバウンドをしてまた挑戦の繰り返しです。インターネットの口コミや、WEBサイト、知人の紹介や食事制限等。とても沢山の方法を試してみましたが、やはり適度な食事と適度な運動、というのが一番効果的な方法だと思います。すぐには効果が見られないのですぐに挫折や、違う方法を探してしまいがちですがダイエットと言うのは精神力と忍耐力があってこそ初めて成功する物です。

楽をして痩せた分、自分に甘えが出てしまいちょっとぐらいなら。とお菓子やジュース、外食などの高カロリー摂取をしてしまいがちですが甘えた気持ちでの間食は一番の敵で、ちょっとがもうちょっと、あと少し。と手と口が止められなくなってしまいます。運動に至っても同じ事が言えます。昨日はあんなに頑張ったから今日は休んでまた明日から。と考えていると次の日も天候や気温のせいにしてやらなくなる、そして運動よりも食事制限をした方が簡単に痩せられるから。と無理な食事制限をしてリバウンドをする。この繰り返しになってしまいます。

ここで我慢が出来れば私は痩せられるんだと強い気持ちでいれば間食をしても手や口が止まらないと言う事はなくなります。運動を休みたい時にも、全然やらないのではなく少しだけでも体を動かして心と体のリフレッシュをします。本気で痩せたい気持ちがあるのなら、楽をして痩せると言う気持ちを切り替えてから専念するようにしましょう。肥満は健康や美容被害に繋がることもあります。健康的に歳をとるためにも自分に厳しく頑張っていきましょう。

ダイエットの方法について

ダイエットは、女性であればほとんどの方が経験あるものだと思います。私は若い頃モダンバレエをやっていた関係で、常に体重(体型)との闘いの日々でした。周りの友達もみんな舞台前には気にしだし、色々な方法を取りました。もちろん全く食べないという方法は、運動する人間からするとあり得ません。

食べてもカロリーが少なくて健康にもいいという事で一番のお勧めは「豆腐」です。特に木綿豆腐を一丁食べるとかなりお腹がふくれます。毎食前とは言いませんが、ご飯を豆腐に置き換えた食事を結構しました。そういう食生活だけでなく、運動を常にしていたので、その頃は結構体重コントロールは問題なかったかと思っています。年をとり、運動する事が少なくなってきた事もあり、単純に食事を少なくするだけではダイエットが厳しくなってきました。

やはり運動と組み合わせた形でコントロールしていかないといい成果は出ないと感じます。今は、毎朝バレエの基礎レッスンを思いだしながら実践して、ウォーキングを行い、スポーツジムにも継続的に通うという事にプラスして豆腐をまた食べ始めようかと考えています。皆さんも自分にあった形で、健康維持に努めていって欲しいと思います。

 

元気の出るダイエットをしよう!

運動ダイエットといえば、つらい経験やリバウンドを思い出す方も多いと思います。食事制限で好きなものを食べられない、常に食欲との戦い、きつい運動は初日だけ頑張ったけれど、翌日筋肉痛で休み、そのままやらなくなったり、置き換え等やってみたけれどおなかが空いてしまう・・・などなどあげたらきりがないです。

そのような、あなたにとってつらいダイエットは、体もそうですが、心にもよくありません。本来、身も心も健やかに、元気にするものです。そのために、楽しんで続けられることをやりましょう。特に運動などはこのことが大切です。初日は、ちょっと物足りないかな?ぐらいのほうが継続できてちょうどいいものです。つらい日には、その緩さがありがたく感じられたり、また休んでしまっても昨日はやらなかったから今日はやろうかな、という気持ちになれます。

食事は量を制限するのではなく、献立を見直してみましょう。日々の食事を記録するだけでも、見直すきっかけになります。また、きれいになりたいという欲もでてきます。今日食べるものが明日の体を作るのです。脂っこいスナック菓子をやめて、木の実にしてみようかしら、という具合に、おやつを変えるだけでも効果があります。できることから、スタートしましょう!

脂肪吸引はダイエットに合う

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

デブ脂肪吸引とダイエットについて続けていきます。テーマは、脂肪吸引はダイエットに向いているということです。この理由は、身体には、細胞の数が決められています。その細胞の中に多くの脂肪細胞を含むことで、ぽっちゃりになったり、太ることになるのです。そこで、食事療法や運動で痩せても、細胞の中に脂肪が少なくなった状態で、さらに食べ過ぎると、細胞の中に脂肪が多くなることになります。

そこで、脂肪吸引は脂肪を吸引することで細胞を減らし、さらにはたるんだ皮膚を削除することにより、見た目にもバランスが取れるのです。もちろん、脂肪吸引して食べ過ぎると、細胞に脂肪が増えて太る結果にはなるのですが、細胞の数を減らしていることが、長所なのです。もちろん、感染症や多量出血の恐れもありますので、死亡という危険がない訳でもないのです。

しかし、他のダイエットでは細胞を減らすことは出来ないのです。身体の中にある細胞の数を減らせることが出来ることが、ダイエットにつながるのです。それを理解すると、身体にメスを入れて危険と思いがちでも、多くの方が体験している状況ですので、怖い手術でもない訳です。しかし、入院や行動制限もありますので、医師との相談を行いながらの脂肪吸引をお薦めします

そもそもダイエットの本質とは何なのでしょうか

そもそものお話をしていこうと思います。基本的にダイエットとは、太り過ぎた人が痩せるために行うものです。しかし、どんな状態が太り過ぎに該当するのかは、人それぞれ自分の判断というものがあるでしょう。そしてその判断こそは、他のどんな意見よりも優先されてしまうことが多いのです。ですから、もしもその人が「自分は太っていない」と言えば、たとえものすごい肥満体であったとしても、太ってはいないということになります。

同様に、もしもその人が「自分は太ってしまった」と言えば、たとえどんなにガリガリに痩せていたとしても、やはり太っていることになってしまうのです。 そのような観点からダイエットの本質というものを考えてみますと、ズバリ、ダイエットとは、自分一人では正しく行うことはできないものではないかと思います

もちろんまぐれで時には素晴らしいダイエットになることもあるでしょうが、それは例外です。本質は、あくまでも客観的に正しく実行してこそ、効果的な本物のダイエットとなるのです

痩せることが即ちダイエットで良いのでしょうか?

なんてこった女性なら、誰でも一度は挑戦しようと決心するダイエット。でも、実際に、なかなか継続して続けられる人は多くはないようです。なぜなら、どうしても無理な計画を立てて実行しようとするために、失敗してしまうことが多かったり、また、一度は成功したとしても、リバウンドで逆に体重が増えてしまうことが多いからです。

では、成功するためには、どうしたら良いのでしょう?まず、ダイエットという言葉の定義なのですが、体重をとにかく減らすことと考えている方が多いようです。でも、本当に、体重が減りさえすれば良いのでしょうか?違いますよね。体重は必ずしも、減る必要はありません。本来の目的は、美しい体のラインを作り、無駄な脂肪がついていないように見せることですよね。ですから、体重が減っただけでは意味がありません。でも、実際には、体重を減らすことだけを目標としてしまうため、食べる量だけを減らします。

ですから、栄養が充分に摂れているかということまでは、考慮されていないことが多いのです。そのため、一度、目標体重まで減らすと、そこで目標を達成したと考えてしまい、その段階で、リバウンドしてしまうことが多いのです。何しろ、それまで無理して頑張ってきたため、安心したところで、リバウンドしてしまうのですね。でも、体重だけ減っても栄養不足になったり、体のラインが美しく保てていなければ、あまり意味はないでしょう?本来は、健康で美しい身体作りを目的にするべきなのですよね