脂肪吸引とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

この身体のお肉を削りたい、この体の部分の脂肪をなくしたいと考えている方は多いはずです。日頃から、日本人は痩せる話題にことさら興味があると言われます。海外では、痩せることにたいして、そこまで強い興味がない傾向もあるようです。さらに、モデルといえば痩せていて、すらりとしたイメージがあると思います。しかし、これからはいくらかふくよかなモデルが人気が出てきていて、健康的なモデルが求められているとも言われています。

デブしかし、皆さんの中にはダイエットをしたいと考えている方はいるはずです。そこで、脂肪吸引のダイエットはどうかなと考えました。ところが、脂肪吸引を行えば肉がとれて痩せた身体になると思いきや、そうでもなかったのです。それは、脂肪吸引を行うとしても、1キロや2キロ体重が減るくらいなのです。数キロであれば、仕事でのストレスや、ちょっと運動を頑張れば出来るかもしれないと思うはずです。しかし、その努力が出来ないから脂肪吸引したいという方もいるはずです。

しかし、脂肪吸引をしたとしても今までの生活を続けていれば、当然元の体重に戻るそうです。そうなのです。ダイエットには、脂肪吸引が一番で金をかければ、体型なんて変えられる訳でもないのです。脂肪を取り除くことにより、皮膚を取り除きます。今までの皮膚を捨てて、縫いあわせをすることにより、体が修復されるまで時間がかかります。しかし、人によってはどうしてもやってみたい人のために脂肪吸引によるダイエットの話をしていきます。興味がある方は読み進んでいただきたいものです。

脂肪を分解し吸引

脂肪吸引とは身体の一部に穴を開けて、その穴を通じて掃除機で身体を掃除するかのように、脂肪を吸引することです。しかし、簡単に吸引できる訳でもないです。脂肪細胞を破壊して、吸引しやすい状態にしてから吸引することになります。また、火傷や皮膚を傷つける危険もあります。

そこで、以前であれば超音波をあてて細胞を壊して、脂肪を吸引することでしたが、今は違う機械もあるのです。皮膚の表面から超音波をあてる場合や、レーザー光をあてる場合とあるのです。最近のものでは、吸引する管のところに勢いのある水が出たり、振動が出るなどして、身体に優しくに気を配った機械が出ています。

身体に優しい分、吸引する量も低くなった訳でもなく増しています。身体に優しい脂肪吸引だから大丈夫と思う人がいるかもしれませんが、まだまだリスクが伴います。また、個人の身体にもよる場合もあります。要は、身体にメスを入れる訳ですから、全くリスクが無い訳ではないのです。それを考えると、医師との相談が重要ですので、カウンセリングは大事にして欲しいです。さらに、脂肪を吸引したことで、皮膚がたれることがあります。皮膚がたれてくると、見た目に不自然になります。そこで、事前の確認が必要になってきます。

身体が不自然になる手術

脂肪吸引を行うと、身体が不自然になる場合もあります。先にあげました、脂肪吸引が多量だった場合に、重さで2kgになりますから、重さはそうでなくても、脂肪吸引した部分がへこんでいたり不自然になると、身体のデザインがおかしく感じます。おかしいと本人も感じると、自然と自信もなくなってきます。

そこで、今では1日だけの脂肪吸引や、吸引する量が少なめなソフトな脂肪吸引、激しく吸引する脂肪吸引もあります。そこで、用途に合わせて利用していただきたいものです。

また、身体がデコボコになる場合もあります。脂肪が薄い層、中位な層、厚い層の3つに分かれていますので、医師の技術力が必要ともいえます。また、たるんで老けた状態になる場合もあるのです。手術の料金も、高いものから、低いものまで様々ですが、信頼のおける医師や評判の良い医師に頼ることをお薦めします

さらに、脂肪を取り除いた分、皮膚が余ってしまって皮膚を削除する必要も出てきます。それから、皮膚が安定するまでには時間がかかる場合もあります。当初、あざがあることがありますが、次第に消えます。やはり、身体にメスを入れる分、回復するまでに時間がかかります。このように話すと、脂肪吸引は止めようと考えがちですが、そうでもないです。きちんと事前の下調べをして、信頼できる美容外科医のいるクリニックを探しておけば問題ないのです。事前チェックは怠らないようにしましょう。


関連リンク|大阪心斎橋で安心の脂肪吸引・豊胸なら|湘南美容外科クリニック |